MENU

気管支炎を予防する効果のある食べ物

スポンサーリンク

気管支炎を予防するためには栄養のバランスの取れた食事を摂ることが重要ですし、コンビニ弁当やインスタント食品ばかり食べているとビタミンやミネラルが不足して気管支炎を発症しやすくなります。
気管支炎を予防するためには特にビタミンAやビタミンC、ビタミンE、タンパク質などの栄養素を積極的に摂取することが大切です。
ビタミンAは粘膜を強化することで細菌やウイルスが体内に侵入するのを防ぐ効果があり、レバーやかぼちゃなどに多く含まれています。
ビタミンCは白血球の働きを強くすることで免疫力を高める効果があり、ブロッコリーやイチゴなどに多く含まれています。
ビタミンEは抗酸化作用や抗炎症作用などがあり、ウナギやアーモンドなどに多く含まれています。
タンパク質は体のあらゆるところを正常に保ったり免疫力を高めたりする効果があり、肉や魚、大豆製品などに多く含まれています。
気管支炎を予防するためにはレバーやひじきなどの鉄分を多く含む食べ物や牡蠣や牛肉などの亜鉛を多く含む食べ物も積極的に食べるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

みかんにはビタミンAやビタミンCが豊富に含まれているので粘膜を強くしたり免疫力を高めたりする効果などがありますし、水分も多く含まれているので食べることで水分補給をすることができます。
そのため、みかんは気管支炎を予防する効果が非常に高い食べ物とされています。
ただし、ビタミンCは体内に溜めておくことができないので毎日少しずつ食べるようにすることが大切です。
また、ビタミンAは油に溶けやすい性質があるので牛乳と一緒に摂るようにすると効率的に吸収できるようになります。
もし気管支炎を発症してしまった場合は卵や白身魚などから十分にタンパク質を摂取することが大切です。
また、お腹にガスが溜まると横隔膜が刺激されるので咳がよく出るようになります。
そのため、イモ類やきのこ類、ゴボウやネギなどの食物繊維の多い野菜などは控えた方が良いです。
また、痰が大量に出ると体内の水分が失われてしまうので小まめに水分を摂取することが大切です。
小まめに水分を摂取すると痰がサラサラになるので痰がきれやすくなるというメリットもあります。
また、緑茶に含まれるカテキンには抗酸化作用や抗菌、殺菌作用があるのでなるべく緑茶を多く飲むようにすることも大切です。

スポンサーリンク