MENU

幼児の気管支炎の症状と治療方法

スポンサーリンク

気管支炎には突発的に症状が出る急性気管支炎と症状が長期になって続く慢性気管支炎がありますが、小児や幼児の場合には急性気管支炎が多くなっています。
気管支炎の原因は、風邪などをこじらせて起きる事が多くありますが、抵抗力が弱っている場合にはマイコプラズマのような細菌性の炎症になる事もあります。
一般的に小児や幼児の場合には、風邪の症状で乾いた咳がありますが、湿ったような咳が出て咳だけでなく痰もでるようになります。
一般的には発熱も症状に多くありますが、咳と痰だけという場合もありますので、注意が必要になります。
小児や幼児の場合は、成人に比べると気管支も細くなっているので、少しの炎症でも呼吸がしにくくなったり、食欲がなくなるなどの状態になり、夜間も咳などから睡眠もとりにくくなる傾向があります。
このような日常生活のくずれもあり、症状が長引いてしまったり、重症化をしてしまう事も考えられますので注意が必要になります。

スポンサーリンク

小児や幼児の気管支炎に対する治療方法は、対症療法が基本になります。
軽症の場合には、自然治癒も考えられますが、こじらせてしまうと重症化をしてしまい、入院をしなくてはならないような事もありますので特に幼児は注意をして対応をして、状況によっては小児専門医などの適切な治療を受ける事が基本になります。
治療の基本は、小児や幼児の場合には、痰をきることが苦手な場合も多いので痰がきりやすくなる薬や気管が細いので炎症を抑える薬などが利用される事があります。
小児科での対応の多くは、かかりつけの場合が多いのでお子さんの成長を見ながら、気管の状態なども含めた治療内容になる事も多いので、かかりつけの医療機関で適切な治療を受ける事が良い方法になります。
気管支炎の場合には、一般的に特効薬といえるものがないので、治癒までの日数は1週間くらいはかかりますが、適切な湿度と気温の環境で安静にしていれば、比較的早く治癒に向かいます。
この病気で最も危険な事は、発熱もなく軽い咳だからと放置しておくことで、重症化してしまい、入院治療が必要になる事もある病気なので早めの対応が大切になります。

スポンサーリンク