MENU

気管支炎と緑茶の作用

スポンサーリンク

気管支炎とは、細菌やウイルスの感染、大気汚染や喫煙などが原因で引き起こされると言われています。
 これを患うと、激しい咳や痰の絡みに苦しむことになります。
そのため、食欲が低下し、そのせいで余計に症状が悪化するという展開になることが珍しくありません。
 では、これに対し効果を発揮するものは何かないのかと言えば、いくつかあります。
そのなかでも作用が広く知られているのが緑茶です。
 緑茶にはビタミンCやカテキンなどが含まれています。
ビタミンCには咳により傷ついた喉を回復させる作用があり、カテキンには細菌やウイルスによるダメージを軽減するという力があるのです。
 これを用いる際は、冷たい状態のものは避けるようにしましょう。
気管支炎を患っている人が冷たい飲み物を口にすると、それが刺激となって咳き込むことが多いからです。
 そのため、夏場でも極力温かい状態のそれを口にするようにしましょう。
 何をするにしても、詰めを怠ってはいけません。

スポンサーリンク

 先に説明したように、ビタミンCは気管支炎に対し強い効果を発揮します。
では、緑茶以外にそれを含んでいるものは何かと言えば、パイナップルがあります。
 パイナップルにはビタミンCの他に、タンパク質分解酵素が含まれています。
これは炎症の緩和と緊張状態にある喉の筋肉をほぐす作用を持ちます。
 これを用いるメリットは、缶詰でも済むため、手軽なことです。
甘いものが好きな人ならば、ストレスの緩和にも役立つので、積極的に活用するようにしましょう。
 喉の健康を保つのに役立つものとしては、蜂蜜もあります。
これはそのまま口にしてもよいのですが、うがいをする水に混ぜても効果を発揮します。
 緑茶の渋みが苦手だという人は、蜂蜜を使って口直しをするようにしましょう。
健康によいのだからと無理をしても、それがきついと感じると長続きしません。
 そのため、自分なりに問題を解消できる手段を見つけることは、治療に際してとても重要なのです。
 工夫をすることを習慣づけておきましょう。

スポンサーリンク