MENU

気管支炎や喘息の治し方の方法は、状態の判別から始まります

スポンサーリンク

人が生きるためにする呼吸は、呼吸器官が正常に働いてくれる事で可能になっています。
何らかの異常があると、呼吸をするのさえも苦しくなります。
 風邪になって咳などの症状が酷い場合には、病院でレントゲン撮影を行う場合もあります。
肺に影が映っている様な場合には、急性気管支炎と判断される事があります。
気管支炎の場合には、風邪のウィルスや細菌などが原因となりますが、治し方としては、病院の受診といえます。
症状は、呼吸がし難い、咳や痰が多くなるなどで、喘息の症状と似ています。
 治し方は、病院を受診して判断をしてもらう事になりますが、方法は、気管支拡張剤を使用する事になります。
吸入するお薬であったり、貼り薬などを使用する場合もあります。
貼り薬の場合には、肌に貼る方法になりますので、敏感肌などの人は、予め医師に相談しておく事もできます。
 気管支炎も、重症化してしまうと、呼吸困難な状態に陥る事があります。
気管支拡張剤などでは症状の改善を図れない場合、入院処置なども必要になります。

スポンサーリンク

 一方で、喘息の場合は、気管支炎と似て非なるものである、といえます。
症状は、咳や痰、息苦しいなどの共通した症状がありますが、原因は、ハウスダストなどのアルルギー性のものです。
喘息の場合には、一度発症すると、発作が起きない様に、コントロールするのが治し方の一つになります。
原因は、ダニやほこりなどのハウスダストに限らず、エビやカニなどの甲殻アレルギーの場合もあります。
発作要因となるものを調べる方法としては、血液を採取して実施されます。
 各人の体質によって、喘息の発作を誘引してしまうものが違います。
検査による結果が出た場合には、普段の生活の中で、誘引要素を回避する事は、大切な方法になります。
 発作が起きて、酷くなると、咳などが出なくなり、唇や指先などが紫色に変色してしまう、チアノーゼの症状も出ます。
呼吸困難なども、危険な状態になりますので、早めに病院を受診する事が重要です。
喘息の場合には、治し方の一つとして、吸入薬などの予防的方法以外に、抗体を敢えて注入する方法などもあります。
効果については、人によって違いもありますので、医師と相談しながら進める事になります。

スポンサーリンク