MENU

気管支炎の咳に対しての市販薬の有効性について

スポンサーリンク

気管支炎については、気管支において炎症を生じさせて喉が腫れ上がったり、熱を持つことがあります。
 主だった特有の症状は咳、あるいは痰ですが、最初の頃は風邪と似て区別がつきづらいのが特徴になります。
風邪のケースでは、1週間すれば症状そのものは治まります。
 それよりもっと続くケースでは、気管支炎あるいは喘息を疑ったほうがいいでしょう。
 さらに、気管支炎は、ウイルス性であるとか喫煙などによるもの、或いは細菌などと種類がたくさんあり、その要因によって治療法も変わってきます。
 ですので、風邪かなと思って市販の風邪薬を活用しても、あまり改善することはありません。
 風邪薬につきましては、風邪に影響を及ぼしているウイルスを全滅させるものではなく、熱又は咳などの症状そのものを穏やかにする対症療法的意味ぐらいしかありません。
 風邪が治癒するのは、薬によって症状そのものを抑え、基礎体力の回復で抵抗力が戻ってウイルス等を撃退できるためです。

スポンサーリンク

元を正せば、市販薬で気管支炎を治癒することは不可能になります。
気管支炎のケースでは、専門的な広い範囲の知識を持った医者の診断を受け、咳などを治すためには、実効性のある薬を活用することが不可欠といえます。
初心者の判断によって、ドラッグストアもしくは薬局である市販薬で対応しようとすることそのものに壁が高すぎるというわけです。
 しかしながら、薬剤師に対して相談を持ち掛けることで、病院での診療を促されるはずですので、やり取りすることそのものは誤っているということはありません。
 気管支炎は、そのままにしておくと、症状そのものが進み喘息になり代わってしまうこともあるので気を付ける必要があります。
喘息は、正式には気管支喘息ですので、気管支の炎症が一段と悪化したものになるわけです。
 喘息の治療の市販薬はありません。
気管支炎、あるいは喘息の疑いをもたれる場合では、できる限り早く医療機関へ行くことが重要になります。

スポンサーリンク