MENU

気管支や咳の違和感はあの症状

スポンサーリンク

いつもより咳が出る、呼吸が苦しくて夜眠ることができない、咳や痰がいつもより多いなどの症状が出て気管支や喉に違和感を持った時はすぐに病院に行きましょう。
気管支に違和感を覚えるということは、何かが原因で炎症を起こしている可能性があります。
いつもより咳が出て痰が黄色いなどの症状が出た場合気管支炎になっている場合がほとんどです。
ただの風邪だと思って放っておくとどんどん症状が進行していくので早めに適切な処置をすることが大切です。
気管支炎に似た病気として気管支炎喘息があります。
これは、炎症を起こしてしまっているために気道が狭くなりうまく呼吸をすることが出来ない病気です。
夜や季節の変わり目、運動をしている時などに発作が起こりやすいです。
症状が進行していくと何もしていない時でも発作が起きてしまいます。
どちらとも最初は風邪と変わらない、もしくは風邪が長引いているという感じで喉に違和感を覚えることが多いです。

スポンサーリンク

気管支炎喘息は、発作が起きた時に服用するリバーバーと発作が起きる起きない関係なく毎日服用するコントローラーがあります。
どの病気もそうですが、気管支炎喘息にかかってしまうと薬を飲まなくてはなりません。
薬を正しく服用することで症状の進行を抑えることが出来ます。
発作が起きた時にリバーバーを使いますが、リバーバーを服用し続けていると喘息が治ることはありません。
発作を起こすたびに炎症がひどくなっていくので発作を起こさないことが大切なのです。
発作を起こさないためにまずは生活習慣から見直す癖をつけることが重要になってきます。
発作が起きる原因というのは身近にあることがほとんどです。
例えば、ハウスダストや、花粉症、動物の毛などです。
何が原因か確かめ改善していくことで炎症が治まり完治することが出来ます。
日頃から自分を見つめなおす機会を増やし少しずつ変えていく、毎日適切な量の薬を服用するなど心がけることが大切です。

スポンサーリンク