MENU

気管支が炎症を起こした時の治し方

スポンサーリンク

気管支炎と言う疾患があります。
症状は咳が出る、発熱、悪寒、そして倦怠感を伴います。
その治し方を解説していきますが、まず気管支炎とはどういった状態であるかと言うと、炎症の中心が気管支にあって咳や痰などの症状により呼吸器症状を引き起こしている状態を指します。
原因は主にウイルスやマイコプラズマなどの感染症です。
気管支炎は大きく分けると2種類あります。
急性のものと慢性のものです。
急性のものは上記のようにウイルスやマイコプラズマなどの感染症によって引き起こされるものです。
慢性の気管支炎とは慢性閉塞性肺疾患と呼ばれ、ガスや喫煙、汚れた空気などによる悪影響によって引き起こされます。
気管支炎が起きた場合、痰を調べる事によって原因を特定します。
急性のものの場合、痰が緑や黄色に変色しています。
これは感染したウイルスの死骸が痰の中に混じっているからです。
そうではない場合、慢性気管支炎の可能性が高まります。
それではそれぞれの治し方をご説明しましょう。

スポンサーリンク

それでは炎症の治し方をご説明します。
やはり一番大切な事は安静に過ごす事です。
感染症によるの炎症に対しては起きた症状にその都度対応する事が基本になります。
身体を暖かくして安静を保つ事、無理に動かない事で体力の消耗を抑え、元々体に備わっている免疫機能を高める事に努めます。
その際、大切な事は十分な水分を摂るということです。
基準は尿が黄色く濁らない程度です。
また、できるだけ市販薬は使わないようにしましょう。
痰がでる事で身体のなかの菌を体外へ排出できるので咳止めなどもできるだけ使用は控えましょう。
ただし、咳が止まらない事で眠れないようであれば適切な用量、用法を守って服用した方が良いでしょう。
安静にして免疫を高め、できるだけ服薬を控える、この2点をまもれば通常は3日程で熱は下がり、症状は改善されていきます。
もし発熱と咳が4日以上続くようなら、肺炎を起こしている可能性が高いので早めに病院で診察を受けましょう。

スポンサーリンク