MENU

気管支が弱い原因と予防や対策について

スポンサーリンク

気管支炎とは、一般的に「微生物」の感染によって「気管支の粘膜」に炎症を起こすことを言います。
「咳」や「痰」、「発熱」を伴う病気の総称の病気です。
私たちは、風邪をひくと「ゴホゴホ」や「コンコン」と咳の症状が出ます。
これは、「呼吸系の炎症」によるもので、主に「上気道の炎症」が原因で発症します。
ですから、「咳」の症状が起こるのです。
大人以上に子供はよく「風邪」を引きますが、子供の場合は身体がまだ出来上がっていないので「気管支」が弱いことが多く、「喘息」に似た症状が現れます。
弱いためにちょっとした風邪でも「ゼーゼー」という症状が出てしまうのです。
これらの主な原因としては、「ウィルス」や「細菌」などの感染が挙げられます。
そのほかの原因としては、「アレルギー反応」や最近では「ストレス」も挙げられます。
次に主な症状としては、咳が止まらなくなったり、喉に違和感や痛みがあることが多く、痰が出ることもあります。
また、鼻水や頭痛を伴うこともあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

そして「かかりやすい人」もいます。
それは「免疫力が弱い人」や「気管支が狭い人」で、この人たちは「空咳」が出やすく、一度治っても再発して「慢性化」しやすいので注意が必要となります。
次に日頃から予防するための「対策」としては、「規則正しい生活」や「バランスのよい食事」、「十分な睡眠」が重要となります。
この時、大切なこととしては「抵抗力を低下させない」ようにする対策が大切になります。
ですから「ビタミン類」を多く摂取する工夫も重要な対策となります。
また、気管支炎の「特効薬」は残念ながらないためウィルス感染ならば「安静」が基本となります。
病院では「咳止め」や「痰きり」などの薬が処方されることが多く、ひどい場合では「気管支拡張薬」を使うこともあります。
ですから「自然治癒力」を活用することも必要となります。
しかし、小さな子供では身体が出来上がっておらず、気管支が弱いことも多いので難しいですが、通常は成長につれて自然と強くなってくるので心配はないようです。
日頃から水泳などのスポーツや乾布摩擦をしたりすると「強化」されるのでお薦めです。

スポンサーリンク