MENU

気管支炎のアレルギー検査の方法

スポンサーリンク

気管支炎という病気は気管支粘膜に炎症が起こり、咳や発熱などの症状が起きます。
アレルギー反応などによって気管支に刺激が起き、発作が起こります。
気管支炎には2種類ありますが、最も多いのはアレルギーが原因となっている気管支炎です。
ダニやハウスダストによるアレルギー反応によって起こるもので、風邪を引いた後や花粉が多い季節などに起こるものです。
多くの場合、アレルギー体質の人によく起き、風邪かと思ったら違っていたということも多いです。
一旦良くなるということはあっても、完治するというようなことはありません。
治療しないままにしておくと喘息担ってしまう可能性が高くなるので、専門の医師に相談して治療方法を導いてもらう必要があります。
症状の見極めとしては、咳が繰り返し起こり発熱をしているということです。
風邪によく似ていますが、咳が続くごとに息がしにくくなり、咳き込むという症状が起き始めます。
そのうち痰が絡んだ咳になることも多いです。

スポンサーリンク

アレルギー検査をする方法はいくつかあります。
まず、レントゲンを撮り肺炎になっていないかどうかを確認します。
そのあとにアレルギー検査に移りますが、原因を特定するために迅速検査キットを使用する方法もあります。
これは、医療機関によって違いますので、一概にどれが正しいとは言えません。
また、この病気は大人だけではなく子供も起きるものなので、アレルギー検査の前にレントゲンを撮らないこともあります。
子供はまだ体が小さいことも考慮して撮らないと判断する場合が多いですが、医師が必要だと判断した段階でレントゲンを撮ることもあります。
そして、治療は主に内服薬を用いたものです。
咳をおさめる薬、痰を切りやすくする薬の二種類を飲みます。
ウイルスが原因という場合もありますが、その場合は特効薬はありませんので対症療法をしていき、ウイルスが消失するのを待つというのは現在の治療になります。
このように最も多い原因はアレルギーですがウイルスが原因の場合もあるので、医師に判断を委ねてください。

スポンサーリンク