MENU

気管支炎の人はお酒やアルコールで影響が出る

スポンサーリンク

仕事や入浴後のお楽しみにお酒を一杯、又は仲間や友人とお酒を囲んで楽しい飲み会を楽しんでいる人は多いです。
お酒は飲み方によりいい効果をもたらすこともありますが、過度の飲酒やアルコールが苦手で体にあわない人が飲んだ時の急性アルコール中毒など、時に命にかかわることが起こる可能性があります。
特に疾患を持っている人にとっては多大な影響を受けることがあります。
気管支炎の持病がある人は、アレルゲンとなるタバコや大気汚染・ダニ・ハウスダスト・犬や猫の毛などにより気管支炎を悪化させたり、喘息の発作症状などが起きることがあります。
そして、アルコールもまた、気管支炎や気管支ぜんそくの持病がある人にとって注意が必要です。
アルコールが与える影響により、喘息発作を引き起こす可能性があるのです。
その原因はアセトアルデヒドにあります。
日本人の多くはアセトアルデヒドを分解するのに必要な酵素の働きが悪く、飲酒により発作が起きやすいとされています。

スポンサーリンク

気管支炎やぜんそくの持病がある人は、通常薬物治療を継続して行っている人が多いため、飲酒がよくないのは当然です。
また飲酒と共にタバコをたしなむ人も多いでしょうが、喫煙は気管支炎やぜんそくにとってもっともよくないものです。
タバコは気管支へ大きなダメージを与えるとともに、肺がんなどの発症リスクもあがります。
喫煙は百害あって一利なしと考え、少しずつ控えていき、いづれは禁煙するよう努力することが大切です。
飲酒により、肝臓を疲れさせ、抵抗力が落ちると言うことはわかっています。
特に気管支に持病がある人は、アルコールによりのどや気管支の炎症を増加させたりする影響もあるほか、飲酒による利尿作用により体から水分が奪われ、のどの渇きや粘膜の乾燥を引き起こします。
すると乾燥した部位へ細菌がくっつきやすく、症状が悪化する可能性が高いのです。
気管支やぜんそく持病がある人はなるべくお酒は控え、緑茶やハーブティなどの少し暖かい飲み物を取るように心がけましょう。

スポンサーリンク