MENU

だるい等の症状が現れる気管支炎について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって気管支という部分に炎症が起こる疾患です。
気管支とは呼吸で取り込まれた空気が肺へと到達する過程で通過する通り道の事で、肺の近くで枝分かれしている管になります。
ちなみに気管支の内側表面は繊毛と呼ばれる細かな毛で覆われていて、侵入してきた異物等を排出する働きを持っています。
また異物が気管支に入ると細胞から粘液が分泌されて、この粘液が異物を絡め取るという役割も果たしています。
 気管支炎が発生する原因については複数の事柄が挙げられますが、中でも多いのがウイルスに感染するというものです。
原因となるウイルスはいくつかありますが、インフルエンザウイルスやアデノウイルス等が代表的なウイルスとなっています。
 またウイルス以外にもマイコプラズマやクラミジアの侵入、アレルギー反応等が原因となって発症するケースもあります。
この疾患は放置を続けると悪化して肺炎となってしまう事もあるので、発症の疑いがある場合には早めの病院受診が望ましいです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や痰の大量発生、発熱等を挙げる事が出来ます。
この際に発生する痰が長期間続いたり黄色になっている場合には、細菌感染が原因となっている事が多いと言われています。
 それ以外にも患者の中にはだるいという症状を訴える人もいますが、このだるいという症状は発熱と合わせて起こる事が多いです。
人間は感染症等にかかると免疫機能で対抗しますが、この時に体温を挙げる事で免疫機能を活性化させます。
風邪を引いた時等もそうですが体温が上がると、自然と全身がだるいという症状も現れてきます。
 気管支炎の治療方法についてはいくつかの方法があり、原因等によって治療方法が異なってきます。
例えば細菌感染が原因の場合には、原因菌への効果が期待出来る抗菌薬を投与する事で根本的な治療を行います。
これに対してウイルス感染が原因の場合には、咳や炎症を鎮める薬の処方等を行う対症療法を施す事が少なくないです。
ウイルス感染が原因の場合には特効薬がない事がほとんどなので、現れている症状を緩和する対症療法で対応する事になります。

スポンサーリンク