MENU

気管支炎ってなにかその症状と治療方法について

スポンサーリンク

気管支炎ってなにかを述べていきます。
風邪を引くと、発熱や咳、痰のからみが起こることがありますが、これが単なる風邪であれば2〜3日で軽快します。
この症状がそれ以上の期間続くようなら、気管支炎を疑う必要があります。
気管支炎とは、喉の少し下にある気管支に、細菌やウイルスが感染する病気で、その9割がウイルス性のものだと言われています。
気管支炎の症状は前述のように、長く続く発熱や咳、痰のからみ、食欲不振、倦怠感などが挙げられます。
風邪は気管支の上部に炎症が起こるものですが、気管支炎とは気道の下部に炎症がおこるため、その重症度が異なります。
風邪と気管支炎では、発病する原因となるウイルスが同じであることが多いため、その症状が似ていますが、気管支炎では重症化することが多いため、注意が必要です。
気管支炎ってなにか、聞きなれない名前ですが、風邪が長引いたときには、これを疑って、医療機関に早期にかかる必要があります。

スポンサーリンク

気管支炎ってなにが怖いか、それはさらに重症化すると、肺炎に至ることもあるため、十分に注意が必要です。
気管支炎は、レントゲンやCTにて検査をします。
その治療方法は対症療法が主です。
抗生物質は効果がないと言われており、治療にはほとんど使用しません。
例外的に、マイコプラズマなどの感染の場合の治療方法として、抗生剤を使用することもあります。
対症療法とは、去痰剤を飲用しながら、安静にする方法です。
気管支炎を発症したら、煙草を止め、水分をしっかり補給して、栄養を摂ることが重要です。
また、手洗いうがいをきっちりすることで、気道を清潔に保つことが必要です。
気道は乾燥しないように、加湿器を使用するのも重要です。
気管支炎を発症している間は、食欲が減退することが多いですが、一度に摂る食事の量を減らして、こまめに食事を摂るような工夫をすると良いです。
このような対症療法を行うことで、気管支炎が肺炎に移行せず、早期に警戒するように心がける必要があります。
また、普段からも手洗いやうがいで、気管支炎の予防を心がけるのも重要な点です。

スポンサーリンク