MENU

気管支炎に効果的なパイナップルの作用について

スポンサーリンク

気管支炎は肺炎球菌やマイコプラズマ、肺炎クラミドフィラなどの細菌やウイルスからの感染による急性的なもの、喫煙や大気汚染、刺激物質の吸入などの外部環境が原因で起こる慢性的なものがあります。
主に発熱や痰のからんだ咳、だるさや食欲不振などの症状が起こります。
気管支炎になったとき、急性的なものであれば抗生物質などが処方されますが、慢性的なものであれば、自然治癒や悪化させないための対処法をとることが効果的です。
気管支炎に良いと言われている食べ物がいくつかあり、その中のひとつにパイナップルがあります。
パイナップルには、痰を取り除き、気管支の筋肉を緩める効果があるタンパク質分解酵素が含まれています。
パイナップルのタンパク質分解酵素はブロメラインといい、このブロメラインは炎症を修復する効果や、気管支の筋肉を和らげる作用があります。
またビタミンCも豊富に含まれており、ダメージを受けた喉の修復する効果があります。

スポンサーリンク

パイナップルには様々な気管支炎に良いと言われている作用があります。
ブロメラインというタンパク質分解酵素によって痰を分解するはたらきや、抗ヒスタミン作用という気管支の筋肉の緊張をほぐすはたらきがあります。
また、パイナップルはクエン酸を多く含んでいます。
クエン酸には咳によって喉に溜まった乳酸を分解する効果があり、喉の疲れを緩和してくれる効果があります。
ブロメラインにも痰を分解する効果があるため、気管支炎に非常に効果的だと言われています。
しかし、効果があるのは生のパイナップルのみであるため、そこは注意が必要です。
最近では、食べやすいようにカットされたものや、剥いて食べることができるスナックパインなどが販売されているため、そういったものを食べるようにしましょう。
パイナップルには気管支炎だけではなく、高血圧やむくみ、便秘など様々な健康に良い効果があると言われています。
またビタミンCも豊富に含まれているため美肌効果などもあります。

スポンサーリンク