MENU

気管支炎の悪化による肺炎について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって気管支に炎症が起きるという疾患の事を言います。
気管支は肺に近い所にある管のようなもので、鼻や口から取り込んだ酸素が肺へ到達するための通り道となっています。
 また気管支の細胞は粘液を分泌するという特徴があり、異物が気管支に侵入した際にこの粘液で絡め取ります。
異物を絡め取った粘液は、気管支の内側表面を覆う繊毛という細かな毛の働きで口から外へと排出されます。
 気管支炎が発生する原因は複数ありますが、一番代表的な原因としてはウイルスへの感染が挙げられます。
原因となりやすいウイルスについてはインフルエンザウイルスや、アデノウイルス等があります。
 ウイルス感染以外にもマイコプラズマやクラミジアの影響、アレルギー反応等が原因となるケースも少なくないです。
この疾患は長い間に渡って放置を続けると、悪化して重い症状が現れる事もあるので早めの病院受診が望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や痰の発生、発熱等が挙げられます。
この際に発生する痰がもしも黄色くて長く続く場合には、原因が細菌感染である可能性が高くなります。
 これらの症状が現れているにもかかわらず放置を続けると悪化して、肺炎等の重い症状が現れる事も珍しくないです。
肺炎とはその名前の通りに肺に炎症が起きてしまうという疾患で、本当にひどい場合には命に関わる事もあります。
上記したような症状と合わせて息苦しい等の症状がある場合には、気管支炎が悪化して肺炎となっている可能性が高いです。
 気管支炎の治療方法は原因等によって異なりますが、主に薬物療法や対症療法が施される事になります。
例えば原因が細菌感染の場合には、原因菌に効果のある抗菌薬を服用する事で根本的に治療する事が出来ます。
しかしウイルス感染が原因の場合には特効薬がない場合も多く、こういった場合には対症療法で対応します。
対症療法とは現れている症状の緩和を目指す治療の事で、咳や炎症を鎮める薬の処方等を行います。

スポンサーリンク