MENU

気管支炎が悪化すると現れる症状について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前の通りに何等かの理由によって、気管支という部分に炎症が発生する疾患の事を言います。
気管支とは肺に比較的近い管で、口や鼻から取り込んだ酸素が肺へ到達するための通り道の一部となっています。
気管支の細胞は粘液を分泌するという特徴があり、気管支に入った異物をこの粘液で絡め取る役割もあります。
また気管支の内側表面は繊毛と呼ばれる細かな毛で覆われていて、異物を絡め取った粘液を口から外へ排出する助けとなります。
 気管支炎が発生する原因は複数ありますが中でも代表的なものとして、何等かのウイルスに感染してしまうというのが挙げられます。
原因となりやすいウイルスの具体的な例としては、インフルエンザウイルスやアデノウイルス等があります。
 こうしたウイルス感染以外にもマイコプラズマやクラミジア等の侵入、アレルギー反応等が原因となって発症するケースも少なくないです。
この疾患が悪化すると重い症状が現れる事もあるので、早めに病院を受診するのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や大量の痰の発生、発熱等がよく知られています。
この時に発生した痰が黄色かったり長く続いたりした場合には、原因が細菌感染の可能性が高くなります。
 気管支炎は放置を続けると状態が悪化していくのですが、悪化すると様々な重い症状が現れてきます。
気管支炎が悪化すると現れる症状の具体的な例としては38度程度の発熱や食欲不振、喘息発作時に見られるような喘鳴等が挙げられます。
本当にひどくなると肺炎へと発展してしまう事もあり、ここまで進行すると命に関わる可能性も出てきます。
 気管支炎の治療方法は原因の違い等によって異なるのですが、主に薬物療法や対症療法等が行われます。
もしも原因が細菌感染の場合には、原因菌への効果が期待出来る抗菌薬を投与する事で根本的に治す事が可能です。
しかしウイルス感染が原因の場合には特効薬がない場合が多く、咳を鎮める薬の処方等の対症療法で対応する事が多いとされています。

スポンサーリンク