MENU

気管支炎の場合の楽な寝方と方法について

スポンサーリンク

気管支炎は激しい咳が特徴です。
そのため症状が始まると咳のために眠れなくなる人も多くいます。
寝不足のために体力と免疫力が奪われて、気管支炎の回復が遅れてしまうという悪循環も発生します。
そのため気管支炎の発作が起きている場合に楽な寝方を見つける事が大切になります。
楽な寝方は個人差がありますが、人によっては体育座りのような姿勢が楽な人がいます。
この理由は横になると気管が狭くなる感覚がするために、起き上がって壁を背にして体育座りの格好にした方が、呼吸をするときに楽になるからです。
また逆に横になって大きな布団や抱き枕を抱える方法が楽な人もいます。
横になることによって身体が休まります。
また眠気もやってくる事も多いです。
枕をすると気管が高くなるために呼吸に違和感が発生するため、わざと枕をしないで、身体を大の字に仰向けに寝る方法が楽だと主張する人もいます。
この場合、薄いバスタオルだけを頭の下に入れる人もいます。

スポンサーリンク

気管支炎の発作は薬治療で回復しますが、夜間に急に発作が発生する場合もあります。
発作が起きた時は、気管が炎症のために通常時よりも狭くなった状態です。
そのため、うつぶせになると呼吸が苦しくなる傾向があります。
またうつぶせになると、敷き布団などの毛玉によってアレルギーで気管支炎を悪化させる人もいるために注意が必要です。
楽な寝方は人それぞれですが、上半身だけを起こした寝方が楽に感じる人もいます。
これはリクライニング式のベッドの場合に有効な方法です。
また寝ているよりも起きた方が咳の発作が少ない人も存在します。
そのような人の中には、背の高い椅子に座って眠る方法が楽だと主張する人もいます。
他方で椅子では眠る事が出来ないと感じて、横になって背を丸めて眠る人もいます。
夜間の気管支炎の発作は辛いですが、病院から処方された薬や吸入器で対応できるならそれを使用しましょう。
もっとも吸入器の多様は身体に負担を与える事があるため、決められた回数を守ることが大切です。

スポンサーリンク