MENU

子供が気管支炎になった場合に使うのはどんな薬か

スポンサーリンク

気管支炎とは気管がウイルス感染などによって炎症を起こした状態を指します。
この症状が引き起こされる主な原因は風邪などの感染症です。
気管支とは通常風邪にかかった時に症状の出る喉や鼻よりもさらに奥にある気道と呼ばれる部位の事です。
この部分が炎症を起こすと空気の通りが著しくさまたげられ、呼吸にも支障が出てきます。
呼吸の詰まりや、ウイルスの排出を促すために咳が頻繁にでるようになります。
また身体の中にあるウイルスを排出するために痰もたくさんでるようになります。
その結果、気道の通りがわるくなり、息苦しさを感じたり、喘息のような息切れを起こしやすくなります。
気管支炎に行われる治療は基本的に対症療法となります。
なぜなら、体内に侵入したウイルスを撃退する薬は少ないからです。
その代わりに身体の自己防衛反応を補助するために薬やケアをします。
主に使用されるのは気道を痰で塞がらないように、痰を切る去痰剤などが処方されます。
ところが患者が子供の場合、さらに専門的なケアを必要とします。

スポンサーリンク

それでは子供が気管支炎になってしまった場合どのような薬による治療が行われるかというと、基本的には大人と同じように痰を切る薬を使います。
しかし、子どもは元々気道が大人に比べると気道が狭いので、気管支を広げる薬や、張り薬を使う事になります。
また、子供は身体が成長しきっておらず、薬を投与する場合もその分量に慎重にならなければなりません。
それでは私たちが身近なお子さんが気管支炎を引き起こした時にどんな事をしてあげれば少しでも助けてあげられるでしょうか。
まずはできるだけ水分を摂らせてあげましょう。
気管支炎は感染症なのですでに風邪にかかっている事もありますが、そちらの看病の意味でも水分はこまめにとらせてあげましょう。
また、咳が苦しいからと言って、安易に咳止めを使用すると治りが遅くなりますので、咳止めはできるだけ使わない事も大切です。
代わりにおすすめなのは湿ったマスクをつけることです。
お子さん自身の吐く息そのもので乾燥を防ぎ、湿らせてくれるので咳が楽になります。
ただし、どうしても気管支炎が長引く場合は医師の判断において抗生物質などを投与して対応する事もありますので、はやめに医師に相談する事が何よりも大切な事になります。

スポンサーリンク