MENU

気管支炎は子供にうつる可能性があります

スポンサーリンク

気管支炎が起きる原因によってうつるかうつらないかは異なります。
 うつる場合だと、細菌若しくはウイルスが見られます。
 子供がウイルスなどがもたらす気管支炎にかかると、咳でウイルスを身体の外側に出します。
他人にうつることがあり得ますので、マスクを身につけさせるなどすれば周囲に影響を及ぼすことはありません。
子供のみが気管支炎にかかるということはありません。
 大人は、喫煙はやらないことも必須です。
さらに季節の移り変わる頃などで抵抗力が活動的でなくなっていると、ウイルスあるいは細菌に影響されやすくなります。
 身体の免疫力を落とさないために、食事内容に配慮して栄養状態を考えていろいろなメニューを取ることです。
 運動して鍛え上げることも重要になりますが、息切れになるほどのハードな運動をすることは不要です。
きちんと呼吸することができる運動をすれば、健康になります。
 運動すれば、睡眠をとることができる為身体の調子を改善することができます。

スポンサーリンク

気管支炎の特有の症状については、風邪と同じ様なので見誤られてしまうことがよくあります。
見極める為に必要なことは、咳が長期にわたって継続してないか否かといえます。
 風邪なら発熱が消え失せれば、咳についてもなくなる事が多いですが、気管支炎だと咳のみ長い期間継続していくことがあります。
発熱はないのに、咳のみ続くケースでは可及的速やかに医療機関に行って診察して貰うことが必須になります。
うつさないため、可能な限り子供を近づかせないことです。
 大人なら面倒なことはないことでも、子供は症状そのものが悪化することがあります。
気管支において炎症が発症していることは外見上分かりません。
きちんと治さないと慢性化して、回復するまでの期間が長引いてしまいます。
 症状自体がでた際は、まず第一にきちんと休養をとることです。
部屋を加湿器で湿度を上昇させておくと最適です。
 きちんと水分を摂りそれから、咳がやむまで静かにすることです。

スポンサーリンク