MENU

気管支炎の治し方と食べ物

スポンサーリンク

気管支炎は細菌やウイルスの感染ばかりではなく、大気汚染や喫煙でも発症することがあります。
そのため、気がついたら罹患していた、ということがあります。
 そしてこれを患うと、激しい咳に見舞われるのが常です。
そのため、食べ物の摂取がままならなくなり、衰弱に拍車がかかる、というケースは珍しくありません。
 しかし、どのような病気も栄養摂取を心がけねば治りません。
これは体力を維持・回復させるという意味にもなるため、辛くても食べるようにしましょう。
 では、どのような食べ物が気管支炎に対し効果を発揮するのかと言えば、大根があります。
 大根は抗菌作用を有していると言われており、これに免疫力を向上させる力を持つと言われている蜂蜜を組み合わせれば、咳と喉の痛みを同時に解消することができるようになります。
 この治し方の特徴は、簡単かつ手軽なことです。
効果があっても複雑なものだと続けるのは難しいですが、これならば誰にでも手軽にチャレンジできます。

スポンサーリンク

 気管支炎の治し方としては、湯気を発するものをなるべく摂取しないようにする、というのがあります。
 これは鍋物や湯豆腐などが該当します。
これらは食べるときに、湯気も口にしてしまうため、咳を激しくする原因になるのです。
 喉に刺激を加えることになる香辛料の類いもNGとなります。
濃い味付けの方が好きだとしても、控えるようにしましょう。
 免疫力と喉の粘膜を強化するという意味で、ビタミンAを摂取するという治し方もあります。
これは薬で補ってもよいのですが、豚肉やレバーなどにも豊富に含まれているので、可能な限り食べ物で取るようにしましょう。
 頑健な粘膜を形成しておけば、気管支炎に対する備えにもなるため、この病気を患いたくないと感じている人も、積極的に取るようにしましょう。
 食べ物は身体を支えるために必要不可欠な存在です。
これらを有効活用すれば病気を早い段階で治すことも可能になります。
 日頃からそれに強い関心を持つようにしましょう。

スポンサーリンク