MENU

気管支炎の治療期間と治療法

スポンサーリンク

発熱、あるいは咳といった症状が現れると風邪と意識して、そっくりそのまま何もしない方が非常に多いと考えられます。
 熱が引いたというのに、長引いてしまう咳や痰ですが、もしかして気管支炎と化しているかもしれません。
 こちらの疾病はイメージできるように、肺の近いところで分岐する気管支において炎症が生じる病気で、風邪と似ています。
 それに加えて症状そのものも痰や、発熱それから、鼻水、さらに頭痛など風邪症状とそっくりです。
 風邪については喉や鼻において炎症をおこしますが、初心者が気管支炎あるいは風邪かを見定めることは非常に難しいです。
 従って咳が続いているようであれば治療して貰うようにしましょう。
気管支炎については発症する期間が90日未満においては急性気管支炎、90日をオーバーしたのであれば慢性気管支炎と区分けされます。
 要因は多くがウイルス性ですが、マイコプラズマあるいはクラミジアによって発生します。
 細菌が誘因は少ないですが、肺炎クラミジア、さらに肺炎マイコプラズマなども引き金になります。

スポンサーリンク

慢性と急性のケースでは、快復する期間が違ってきます。
急性は、治療のための期間が10日くらいで回復することが多く、炎症がおさまった後咳が継続していく場合がありますが、そうは言っても数週間で回復すると言われています。
 慢性は、特有の症状が数ヶ月から数年症状自体が継続するケースがあり、再び悪化することが多いのが、特徴だと言えます。
治療に関しましてはその発症要因によって違いがあります。
ウイルス性は抗生物質は有効性がなく、咳がひどいのでしたら咳止薬や、去痰薬などで症状そのものを減少させます。
マイコプラズマであるとか百日咳菌はマクロライド系統の抗生物質が出されます。
 慢性のケースでは喘息発作に繋がるときがあることから、気管支拡張薬が利用されます。
 煙草が引き起こす場合は禁煙などの方法で原因物質を綺麗にします。
 どちらの場合でも静かにして体を温かくし、栄養状態のよい食事内容を留意し、湿度を保持するようにします。

スポンサーリンク