MENU

胸の痛み等の症状が現れる気管支炎について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、気管支という部分に何等かの理由で炎症が起こる疾患になります。
気管支とは呼吸で取り込まれた酸素の通り道で、口や鼻から入った酸素が気管支を通って肺へと運ばれます。
ちなみに気管支の内側は繊毛と呼ばれる細かな毛に覆われていて、細胞による粘液の分泌が行われています。
 気管支炎が発生する原因は複数ありますが、その大部分をウイルスによる感染症が占めていると言われています。
原因となりやすいウイルスの具体的な例としては、インフルエンザウイルスやアデノウイルス等が挙げられます。
 それ以外にもマイコプラズマやクラミジアが原因となるケースや、アレルギー反応が原因となるケース等もあります。
この疾患は長く放置を続けると肺炎へと発展して、最終的には命に関わる事態になる事も少なくないです。
そのため少しでも発症の疑いがある場合には軽く考えずに、早めに病院を受診して適切な治療を受けるのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や痰の発生、発熱等を挙げる事が出来ます。
ちなみに痰の発生が長く続く場合やその痰が黄色になっている場合には、細菌感染が原因となっている事が多いです。
 ちなみに患者の中には胸の痛みを訴える人もいますが、この胸の痛みも見られる事の多い症状になります。
もしも胸の痛みと合わせて呼吸が苦しい等の症状が現れている場合には、肺炎を発症している疑いが高まるので要注意です。
 気管支炎の治療方法については複数の方法がありますが、一般的には対症療法を行う事が多いとされています。
対症療法とは現れている症状を緩和させる事を目的としていて、具体的には咳を鎮めたり炎症を抑えたりする薬の処方等が行われます。
 ちなみに細菌感染が原因の場合には抗菌薬を服用する事で、根本的に治療する事が可能な場合もあります。
しかし原因がウイルス感染の場合には特効薬がないウイルスが大部分を占めているので、対症療法等で治療する事になります。

スポンサーリンク