MENU

気管支炎と息苦しいという症状について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって気管支という部分に炎症が起こる事を言います。
気管支とは肺の近くに存在している管の事で、鼻や口から取り込んだ酸素が肺へ到達するまでの通り道の一部となっています。
気管支の内側表面は繊毛と呼ばれる細かな毛で覆われていて、細胞からは粘液の分泌が行われています。
気管支に異物が侵入するとまず粘液が絡め取り、次にその粘液を繊毛が外へと排出するという役割を担っています。
 気管支炎が発生する原因については複数の事柄が挙げられますが、中でもウイルス感染によって発症するケースが多いです。
原因となるウイルスはいくつかありますが、代表的なものとしてインフルエンザウイルスやアデノウイルス等があります。
 それ以外にもマイコプラズマやクラミジアの侵入、アレルギー反応等が原因となって発症する事も少なくないです。
この疾患は長い間に渡って放置を続けると悪化していくので、発症に気付いたら早めの病院受診が望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や痰の大量発生、発熱等を挙げる事が出来ます。
この際に発生する痰が黄色だったり長く続く場合には、細菌感染を原因とする発症の可能性が高くなります。
 ちなみに患者の中には息苦しいという症状を訴える人もいますが、この息苦しいという症状は注意が必要だと言えます。
気管支炎は状態がひどくなると肺炎へと発展する事があり、息苦しいという症状はそのサインの一つと考えられるからです。
風邪に似たような症状と合わせて息苦しさを感じた場合には、早急に病院を受診する必要があります。
 病院での治療方法については複数あり、原因や症状等を考慮して治療方法が選択されます。
例えば細菌感染が原因の場合には、その原因菌への効果が期待出来る抗菌薬を投与する事で根本的に治す事が出来ます。
これに対してウイルス感染が原因の場合には、咳や炎症を鎮める薬を処方する等の対症療法を行う事が多いとされています。
何故なら気管支炎の原因となるウイルスは特効薬がない場合が多いためで、現れている症状を緩和する治療を行う事で対応するのです。

スポンサーリンク