MENU

気管支炎と食べ物・飲み物の関係

スポンサーリンク

気管支炎と言えば、ウイルスや細菌の感染により引き起こされることが多いとされています。
そしてこれになると辛い咳で苦しめられます。
 そのため、食べ物や飲み物を摂取するのが困難になるため、栄養不足から更に治療が遅れる、という結果を招くことになります。
 では、気管支炎に効果のある食べ物や飲み物は何かないのかと言えば、いくつか存在しています。
 パイナップルは、気管支付近の筋肉、その緊張を和らげる効果があるため、喉の通りをよくしてくれます。
 また、パイナップルに含まれているタンパク分解酵素は痰も分解してくれるため、それだけ咳の苦しみが和らぎます。
 緑茶は殺菌効果があるとされており、風邪の予防などにも用いられることがあります。
 しかし、冷たい状態だと気管支に不要な刺激を与えることになるので、なるべく暖かい状態のものを口にするようにしましょう。
 緑茶にはカフェインが含まれているので、眠る前に飲むのは控える必要もあります。

スポンサーリンク

 気管支炎に効果のある食べ物としては、大根と蜂蜜もあります。
前者には抗菌作用があり、後者には炎症を抑えて免疫力を向上させる効果があるからです。
 そのため、大根を蜂蜜につけて、そこから出てきた汁を飲むと、咳が収まるばかりではなく、喉の痛みも和らぐとされています。
 このとき、そこにショウガを加えておけば、身体が内部から温まるため、より効果を発揮すると言われています。
 気管支炎を患っているときに口にしてはいけないものとしては、刺激性のあるものがあります。
これは香辛料が該当します。
 そのため、味が濃いものが好きだからと、それらを食事にも付け加えると、症状が悪化する原因となります。
 咳の誘発を招く恐れのある鍋物も極力摂取を控えましょう。
これは湯豆腐などにも当てはまる話です。
 このように、気管支炎を患っているときは、食べ物や飲み物に気を遣うようにしましょう。
そうすれば症状を軽減することが可能になり、早期回復を望めるようになります。

スポンサーリンク