MENU

気管支炎と動悸という症状について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって気管支という部分に炎症が発生する疾患の事を言います。
気管支とは肺に比較的近い管の事で、口や鼻から取り込んだ酸素が肺へ到達するまでの通り道となっています。
 また気管支の細胞は粘液を分泌するという特徴があり、これは気管支に侵入した異物を絡め取る役割があります。
この異物を絡め取った粘液は気管支の内側表面を覆っている繊毛という細かな毛の働きで口から体外へと排出されます。
 気管支炎が発生する原因はいくつか挙げる事が出来ますが、中でも多いのがウイルスへの感染になります。
原因となるウイルスは複数ありますが、代表的なものとしてインフルエンザウイルスやアデノウイルス等が挙げられます。
 ウイルス感染以外の原因としてはマイコプラズマやクラミジアの侵入、アレルギー反応等が考えられます。
この疾患は放置すると肺炎等に発展する事もあるので、早めに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現れる症状としては激しい咳や大量の痰の発生、発熱等が挙げられます。
この時に発生する痰がもしも黄色かったり長い期間続いたりした場合は、原因が細菌感染の可能性が高くなります。
 また患者の中には動悸の症状を訴える人もいますが、この動悸という症状も珍しいものではないです。
気管支炎になると気管支部分に痰が絡んだりして、酸素がスムーズに通れなくなる事もあります。
こうなると何とかその状態をカバーしようとして肺が活性化して、その影響で心臓にも負担がかかり動悸が起こる場合があるのです。
 気管支炎の治療方法は原因等によって異なりますが、主に薬物療法や対症療法等が行われる事になります。
例えば原因が細菌感染の場合には、原因菌に効果がある抗菌薬を服用する事で根本的に治す事が出来ます。
しかし原因がウイルス感染の場合には特効薬がない場合も多く、咳を鎮める薬の処方等の対症療法で対応する事が一般的となっています。

スポンサーリンク