MENU

気管支炎の治療法「点滴」について

スポンサーリンク

気管支炎と風邪は似ている部分が多々あります。
細菌やウイルスを通じて感染するのと、初期症状として熱や咳が出ることです。
 これには全身の倦怠感や関節の痛み、食欲不振などが重なることがあるため、素人目には判断がつきにくいのです。
 そのため、治療を風邪薬で済ませようとして、気がついたら症状が悪化していたというケースは珍しくありません。
 こうした状態は、意思の疎通が難しい幼児だと特に当てはまりやすくなります。
保護者が異変に気づいた段階で病院に連れて行かないと、重症化することが多いのです。
 では、どのような方法を用いて治療するのかと言えば、抗生物質を投与するものがお馴染みとなっています。
 ただし、原因となっているものによっては抗生物質の投与は意味を持たないため、その都度対処が変わるというのが現状となっています。
 点滴が用いられるケースもあり、専門医の対処に委ねるしかないと考えた方が無難だと言えます。
 いざというときに慌てないようにしましょう。

スポンサーリンク

 気管支炎の治療として点滴が用いられる場合は、脱水症状への備えとして水分補給が優先される傾向にあります。
 これは咳が激しい状態だと、水を飲むことも困難になるためです。
発熱により発汗量が増えている影響もあります。
 栄養補給が難しくなっている関係上、ビタミンの投与が優先されることもあります。
いずれの場合にしても、素人では点滴ができないため、専門医に任せるようにしましょう。
 自宅でもできる気管支炎への備えとしては、抹茶を飲ませるというのがあります。
これは抹茶に含まれている成分が喉の粘膜を助ける力を持つからです。
 ただし、冷たい状態だと不要な刺激を与えることになるので、なるべく温めた状態のそれを飲ませるようにしましょう。
 カフェインが含まれているため、眠る直前には与えないという姿勢も大切です。
 どのような病気も、正しい知識を身につけておけば、適切な対処が取れるようになります。
 普段から病気に備えておくようにしましょう。

スポンサーリンク