MENU

気管支炎と熱が下がらない原因の関係性とは

スポンサーリンク

気管支炎を発症することになりますと、気管支において炎症が起こってそれから、咳、あるいは痰がしきりに出ることになります。
 症状そのものの継続していく期間によって急性、或いは慢性気管支炎に細分化されます。
それに加えて、原因、あるいは特有の症状などによって、アレルギー性気管支炎それから、マイコプラズマ気管支炎、さらにびまん性汎細気管支炎などに選別されます。
 原因の多くの場合、ウイルス感染が原因になっており当初は風邪と同じ様な特有の症状を呈するので風邪と勘違いする傾向も見られるようです。
風邪のケースだと、症状そのものもいつの間にか治まるのですが、気管支炎はなかなか治まらないといえ、更に治まったと言ってももう一度再発するということもあり手が掛かることの多い疾病といえます。
 症状自体が長くなっておかしいと感じ取ったら、医者で治療してもらうことが必要不可欠になります。
治療は、痰を抑止する薬や抗生剤などが活用されています。

スポンサーリンク

気管支炎においては、発熱を伴なうケースと伴わないケースがありいろいろあります。
 しかしながら、熱がでたとしても38℃くらいで、普通なら3日程度で落ちます。
それ以上の高熱や熱が下がらない場合、肺炎であるとかインフルエンザの感染症に陥っているケースもあるでしょうから、可及的速やかに病院で治療してもらうことが重要になります。
 肺炎のケースでは、肺全てに炎症が達する可能性が高くひどくなると命にも関わります。
とりわけ、免疫力の小さいお子さんや高齢者の方では気を付ける必要があります。
 更に、38℃以上の下がらない熱であるとか体全体の関節痛などの特有の症状のケースではインフルエンザの疑念も推定されますので、初期の内の処置が肝要になってきます。
熱が下がらないインフルエンザのケースでは、周りに対しての感染もあり、注意をしないといけなくなります。
 どちらにしても、自分自身での解釈では困難であると感じたら、広い範囲の知識がある専門医に依頼するようにすべきです。

スポンサーリンク