MENU

慢性気管支炎が完治するかという疑問点について

スポンサーリンク

風邪が回復したにもかかわらず、いつになろうとも咳や痰が継続していくようなことがあります。
これにつきましては、可能性として思いがけず、気管支炎が進行しているかもしれません。
急性気管支炎でしたら、症状そのものの起きる期間についても相対的に短く、治療もそれほどまで苦労することもありません。
 しかし、数ヶ月症状自体が継続していくようなことがあるのなら、慢性気管支炎の危険性もでます。
ひとまず、医療機関で細部にわたって診てもらった方が良いと考えられます。
こういったときには、オーソドックスな内科より呼吸器科へ行った方が相応しい検査やケアが望めます。
慢性気管支炎のケースでは、完治するかについてですが、医療機関では、その気管支炎の状況によって治療のやり方が異なってきます。
相対的にあまり変化がない場合は慢性気管支炎でも、症状そのものが落ち着き日頃の生活にも支障のないなら、咳や痰を落ち着かせたりという治療を中心に行います。

スポンサーリンク

治療においては、主として気道を拡張する機能のあるβ2刺激薬が活用されます。
 痰を除くために、去痰剤についても活用されることが多いといえます。
 それに加えて、インフルエンザ菌であったり肺炎球菌などが影響を及ぼして生じている場合、抗生剤を活用することもあります。
症状そのものが劣悪になっている場合ですが、特有の症状が重篤化して日頃の生活に影響を及ぼす場合、入院が入用になることもあり得ます。
 咳や痰が深刻で、息切れが悪くなっている場合や、肺炎を併発しているなどは、早急に対応が必要です。
入院するケースでは、気管支拡張剤又は去痰剤などを利用して治療法を進めます。
慢性気管支炎は、喫煙の習慣などの悪影響もあり、短期の間での完治するかについてはとても困難を極めるものがあります。
我慢強く治療法を継続していかないと全快は難しいと言えます。
 下手をすれば、COPDを併発している恐れがあり、その場合完治するかについては一層困難になります。

スポンサーリンク