MENU

気管支炎の特徴として熱が高く長引く原因があります

スポンサーリンク

流行性感冒をひくと、症状としまして、くしゃみもしくは鼻水を出したり、熱が生じたり、咳と何種類もの特有の症状で苦悩することがよくあります。
 しかしながら、ほとんどの流行性感冒については、数日すれば自ずと熱などの症状そのものも長引くことなく治まるものが多いと言えます。
 しかしながら、なかには、咳がストップされない、長引くという状況の中で苦しくなってしまうこともあります。
 流行性感冒と変わらないような症状を出すようになる疾病に気管支炎が見受けられます。
 咳がストップすることなく衰えを見せない場合には、こちらの気管支炎を疑っても良いかもしれません。
 気管支炎のほとんどは急性気管支炎と称されるもので、流行性感冒と一緒のようなものでウィルス感染が原因のものが多いです。
 その結果、初期症状では流行性感冒と勘違いすることが少なくありません。
 その中には、流行性感冒より拡大して急性気管支炎に発展し長引くケースがあることから留意することが大切です。

スポンサーリンク

反面、慢性気管支炎と称されるものもあり、その症状そのものが3ヶ月オーバーで継続していく場合に診断されることになります。
 こうした場合、ウイルスでなく喫煙習慣などの悪影響が多いとされています。
 長期に亘る喫煙の習慣が招くことがあり、ひどくなると慢性閉塞性肺疾患に見舞われることもあるので気を付ける必要があります。
 流行性感冒ではその炎症が喉周囲の上気道に至るまでですが、気管支の部分に達するまで炎症が拡がっていきます。
 咳がストップされない、長引く状態になったら、急性の危険性が大きくなります。
 とりわけ、熱が高く痰が絡んで辛くなるならば、流行性感冒が原因ではないと言えます。
 一刻も早く医療機関で診察して貰って原因を特定してケアするようにしましょう。
 急性気管支炎においてウイルス性のケースでは、抗菌薬が見当たらないため主として対症療法の方法で施術します。
 症状そのものにふさわしい薬が処方されますことから、医者の指示通りに服用しましょう。

スポンサーリンク