MENU

気管支炎の症状の見極め方、熱なし

スポンサーリンク

気管支炎は細菌やウイルスの感染、大気汚染や喫煙などが原因で引き起こされると言われています。
 そしてこれには二つのタイプがあり、急性と慢性とに分けられています。
抵抗力がない子供ばかりではなく、大人も発症することがあるので、油断がならない存在だと言えます。
 では、気管支炎を患うとどのような症状に見舞われるのかと言えば、咳・鼻水・喉の痛み・発熱・関節の痛みなどがあります。
 これは風邪の症状に酷似しているため、それだと勘違いしてしまう人が多数います。
また、風邪と同時に発症することもあるため、やむを得ない部分が存在するのです。
 咳が激しくなるため、食欲不振に苦しむ人も多く、全身に倦怠感を感じることもあります。
 この病気を患っているかどうか見極めるこつとしては、熱なしかどうかです。
 これは単純に咳が出ているだけならば、風邪を引いただけの可能性が高いからです。
 意思の疎通が難しい幼児などが相手なら、熱なしかどうかをまず確かめましょう。

スポンサーリンク

 気管支炎だと診断されたら、それへの対処が当然必要になります。
医師が処方してくれた薬を飲むだけではなく、その症状を緩和できるものを優先的に口にするようにしましょう。
 パイナップルは痰を分解する効果を持つばかりではなく、喉の粘膜を助けてくれる効果を持つビタミンCも豊富に含まれています。
 また、パイナップルならば甘みと酸味があるため、食欲がない状態でも口にしやすく、栄養を取るという意味からも役立ちます。
 抹茶は殺菌作用があることで知られています。
これを口にするだけでかなり楽になるとされています。
ただし、カフェインが含まれているため、就寝直前に飲んでしまうと眠れなくなるため、使用するタイミングが重要となります。
 ビタミンAの摂取も健康回復に役立ちます。
これは豚肉やレバーなどに含まれているため、それが入っている料理を優先的に口にしましょう。
 煙草から気管支炎を患うこともあるので、大人はそれに気を付けましょう。
熱なしだから大丈夫だろうと高を括らないことが肝要です。

スポンサーリンク