MENU

気管支炎で微熱が続く場合の基礎知識

スポンサーリンク

一般的に考えて気管支炎というのは気管粘膜の炎症が災いして、喉の痛み、あるいは鼻水それから、微熱という風邪の症状そのものが見受けられ、それのみならず水分を失った咳が出るという側面を持っています。
 とりわけ咳き込むと白い痰が出て来るようならば、ウイルス性の気管支炎の可能性が大きいということになります。
痰の色あいが白で無く黄色あるいは緑の場合、細菌感染の疑念が想定されます。
それに加えて症状そのものが非常に重いというようなケースでは、咳き込むと息切れが起きたり、咳をした後にゼイゼイというノイズが聞こえてきます。
 もとから肺気腫だったり肺線維症といった慢性化している肺疾患が起こっていたり喘息持ちであったりすると、悪い状態になって急性呼吸不全であるとか肺炎という合併症に結び付く可能性が高くなることから気を付ける必要があります。
原因として、ウイルス又は細菌感染ですが、これ以外にもガス吸引などで引き起こされることもあり得ます。

スポンサーリンク

咳もしくは微熱が続くようなケースや熱が非常に高い気管支炎は、原則としてよくあるような風邪とは違い、医師によるケアが求められます。
 症状そのものが非常に重い状態になっているときは、肺炎でないか見極めるために胸部レントゲン検査についても必要とされます。
さらに基礎的な治療の方法として薬物療法が通常で、咳止めとかアスピリン、或いは抗生物質又は気管支拡張剤それから、ステロイド薬などを活用することも考えられます。
 これとは別に気道の空気を増加させる時に使用する吸入治療をおこなうこともあります。
そして、こうした治療を実施して気管支炎は回復しても、微熱であったり咳が良くならなくて続くこともあります。
微熱に於いては抵抗力高くするための発熱と考えられますし、咳についても症状防御の為のものですので、薬によってストップすることは差し控えたほうが良策です。
 ただしやたらに長期にわたって続くなら、全快していない可能性や他の疾病の危険性もあることから、そのようなケースでは医者の診断を受けましょう。

スポンサーリンク