MENU

気管支炎は病院の何科への受診が適切か

スポンサーリンク

風邪をひいた後も長く咳が続き痰も出る症状の場合は、単なる風邪ではなく気管支炎を発症しているケースが多いです。
気管支炎は呼吸器に起きる疾患の1つで、気管支が炎症を起こしている症状のことを指します。
気管支は口と肺の途中に位置していて激しい咳が、特徴的な症状で高熱や体の怠さなどが症状として現れる場合もあります。
気管支炎には急性と慢性の、2つの種類があり症状も異なります。
急性の場合は咳や痰がひどく出る、喉の痛みを感じたり高熱が出る、体の怠さなどが症状として現れますが慢性の場合は咳や痰が、2年以上の長期に渡り出て大気汚染や喫煙などによって発症するケースが多いです。
気管支炎を発症してしまう原因は様々あり、子供から大人まで誰でもかかる病気です。
特に注意が必要なのが子供で気管支炎が、重症化しやすいといわれているので早期に病院での治療が必要となります。
体の異変を感じたらすぐに病院での専門的な、治療を開始することで治りにくいとされている症状の緩和に効果があります。

スポンサーリンク

では具体的に病院に行って何科を受診するのが、適切かという点について説明します。
確実に何科に行けば良いと、言い切ることは出来ません。
それは発症に至った原因が、様々なので受診した方が良い科が異なるからです。
風邪に似ている症状が出ている場合には、まずは内科に行くことが望ましいです。
内科を受診した後も咳が続いたり、息苦しさなどを感じるようであれば呼吸器科の受診を勧めます。
アレルギーなどによって症状が出ている場合には、耳鼻咽喉科に行きます。
子供の場合にはまずは、小児科での受診が必要です。
どの科を受診しても咳の状態などを問診の後に、レントゲン検査を行って肺炎の可能性を調べていきます。
原因や症状に合わせて治療方針も変わってきますので、何科を受診したら良いのか分からない場合はまずは、呼吸疾患を扱っている内科で医師に相談すると良いです。
症状が悪化すると咳が長期に渡って、止まらないケースも多いので早期の医療機関への受診が必須となります。

スポンサーリンク