MENU

気管支炎の原因、副流煙との関係

スポンサーリンク

気管支炎を患うと、激しい咳や痰の絡みに苦しむことになります。
それを患う原因として考えられているのは、細菌やウイルスの感染、大気汚染や喫煙などです。
 喫煙がもたらす問題は数多いのですが、それにより発生する副流煙もまた問題を引き起こすことで知られています。
 副流煙がもたらすものとしては、目や鼻に対する刺激があります。
これは軽い咳や鼻水、そして頭痛を引き起こすことがあります。
 これは家族や恋人などに喫煙者がいる場合は、そのうちに慣れてしまい、何も起きなくなることが多いのですが、長期的にそれを吸い込んでいると、気管支炎を患う原因になることがあります。
 そのため、自分が吸っている訳ではないのだから、別に関係はないと思うようなことはせず、喫煙している人に注意をするようにしましょう。
 人間関係で問題を起こしたくないと、人が何をしていても気にしないということになりがちですが、副流煙がある限り無関係ではいられません。
 そこは気に留めておきましょう。

スポンサーリンク

 近くに喫煙者がいるから、気管支炎を患うかもしれないと感じている人は、注意以外にも備えをするようにしましょう。
 具体的に何をやればよいのかと言いますと、ビタミンAを積極的に摂取することです。
これは喉の粘膜の強化に繋がるからです。
 ビタミンAが豊富に含まれている食品としては、豚肉やレバーがあります。
健康を損ねる原因としては、栄養の偏りや特定食品の摂取不足があります。
それを意識しておきましょう。
 仕事柄外食が多くて、急には食生活の改善ができないという人は、ビタミン剤に代表される栄養補助を使うようにしましょう。
 喉の健康を保つのに役立つものとしては、塩や蜂蜜があります。
これらを外出先から戻った後、うがいの水に混ぜるだけでも効果を発揮します。
 緑茶を飲む習慣をつけておくのも大切です。
これには喉に優しいビタミンCやカテキンが入っているので、大いに役立ちます。
 なお、緑茶にはカフェインが入っているので、就寝前に飲むのは避けるようにしましょう。
何事もタイミングが重要です。

スポンサーリンク