MENU

気管支炎の治療に用いられる薬である抗生物質の副作用とは

スポンサーリンク

気管支炎は慢性と急性に分類でき、後者の場合インフルエンザウイルスやライノウイルス、アデノウイルスなどウイルスが原因になる事が多くなります。
しかし、ウイルスは薬が効かないものがほとんどでインフルエンザ以外は特効薬はありません。
また、気管に痰が溜まることから2次的に細菌感染を引き起こしてしまう事もあります。
そのためこれらを防ぐ意味で抗生物質が投与されることがあります。
また、クラミジアやマイコプラズマによって気管支炎が起きているケースもあります。
これらの菌が原因と考えられるケースではこれらの菌に有効な抗生物質が処方されます。
気管支炎でよく処方される抗生物質の1つに抗菌スペクトルが広くいろいろな病原菌に有効であるセフェム系の抗生物質が処方されることがあります。
このお薬は臨床現場で頻繁に使用されており人間にはない細胞壁の合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。
そして発疹がでたり下痢を起こすことが時々ありますが比較的副作用が少ないという特徴があります。

スポンサーリンク

気管支炎にはマクロライド系抗生物質もよく処方されます。
これは細菌のタンパク質合成を阻害することで抗菌作用を発揮します。
そしてブドウ球菌属、レンサ球菌属、インフルエンザ菌、レジオネラ菌、クラミジア菌、マイコプラズマ菌などに効果があります。
マクロライド系抗生物質は気道の炎症によって起きている起動過敏性の更新や粘液の過剰分泌に対しての効果もあります。
また咳止め効果にも優れています。
副作用としては下痢や腹痛、嘔吐、胃部不快感などの消化器障害が多く、ついで皮膚障害である発疹や蕁麻疹などが報告されています。
また、循環器症状の副作用として心室頻拍やQT延長症候群などが現れることがあり心疾患を持つ人への使用には注意が必要です。
他にもマクロライド系と構造は違うものの作用部位が類似しているリンコマイシン系抗生物質は気管組織への移行性がよく原因不明の呼吸器疾患によく用いられています。
しかし重要な副作用として偽膜性大腸炎が報告されており下痢が頻繁に起きたり腹痛が起きたりしないか注意が必要です。

スポンサーリンク