MENU

気管支炎による仕事や学校への対応や原因対策について

スポンサーリンク

気管支炎というのは、名称通りのものなのですが、「気管支」に炎症が起こるものです。
咳や痰といった呼吸器にに症状を引き起こす病気の総称のなります。
ウイルスやマイコプラズマのようなものが原因の場合には急性のの気管支炎となります。
また、慢性の気管支炎というものも存在しており、この場合には数週間〜数カ月にわたり咳や痰などの症状が続きます。
この原因には、「百日咳、抗酸菌、緑膿菌」といった感染症が原因や「副鼻腔気管支症候群、びまん性汎細気管支炎、喫煙」といった場合が考えられます。
また慢性の咳や痰が症状という病気には「喘息、COPD、肺がん、間質性肺炎」とさまざまな原因が考えられます。

 

・症状は?

 

原因に「風邪」が含まれておらず、疑問を感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、これは風邪というのは、「上気道」の感染による炎症になります。
しかし、上記のようなものは「下気道」の炎症になり、これを「気管支炎」とよびます。
主なものは、「咳」「痰」になります。
また「頸、背中の痛み、こわばり、肩こり、手足の筋肉痛や関節痛、下痢、頭痛、嘔吐」などがあります。
また喘息や肺炎ウイルスの場合には特に注意すべきものが命に関わるほどの発作が起こる場合があります。
症状に関しては数日から数週間で治まる「急性気管支炎」、数週間から数ケ月症状が継続する「慢性気管支炎」があります。
そして症状が重度の場合には、炎症が肺胞の領域にまで達することもあり「気管支肺炎」のになることもあります。

スポンサーリンク

 

・原因は?

 

急性の気管支炎の原因で特に多いものは、「ライノウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルス」といったウイルス感染です。
また、「マイコプラズマ、百日咳菌」といった、ウイルス以外の病原体により引きおこされるものもあります。
またこれらの感染した後に「肺炎球菌、インフルエンザ菌」などの細菌が二次感染を起こす場合もあります。
慢性気管支炎は、「咳」を伴うことがほとんどで、慢性の咳を引き起こす病気の多くがあてはまります。
感染症を初め、「副鼻腔気管支症候群」、「びまん性汎細気管支炎」、「喫煙」によって引き起こされるものが有名です。
また、「結核菌、非結核菌性抗酸菌症など」慢性の気管支炎になるものがあります。
そして急性気管支炎の二次感染が多い、「インフルエンザ菌、肺炎球菌、緑膿菌、モラクセラ・カタラーリス、黄色ブドウ球菌など」が下気道で感染を繰り返すことで慢性化することもあります。これを「慢性気道感染症」とよびます。
これらの他にも、「COPD」「高齢者の喘息」「肺がん」などは、咳や少量の痰などが症状としてあるのですが、日常生活でもあり得る症状のためあまり気に留めないということがあります。
これらの場合にはCTやレントゲン、血液検査を行い原因を細かく突き止めます。

 

・治療

 

治療に関しては、主に薬物療法が主になります。
抗生物質を使用したものが多くたいていの原因に関して効果が認められています。
また原因が数多くあるため、それぞれ治療法が数多く存在するということあります。

スポンサーリンク